未分類

本日のお仕事

今日のお仕事の報告です。

今日はダイハツのミラココアの修理をしました。

症状としましてはアクセルペダルを踏んでも「全くエンジンが吹け上がらない」と言った症状です。

これって結構怖いですよね?だって右折中とかでこの症状になったらゾッとしませんか?

アクセル思いっきり踏んでも全然進まないんですよ!

と言う事で診断してみました。

診断は機械を使うんですね。診断機ってやつです。スキャンツールとも言います。

出てきたコードはスロットルボディのリレーがダメ!的なやつです。

リレー不良の可能性がありますね。と言う事でさっそくチェックです。

リレーに電源を入れるとカチッと言うのが正常ですが、全く反応しません。結論としましてはリレーが悪かった!リレーのお値段なんと2100円でした!安い!

エンジンが全くふけない!なんてトラブルの修理で格安ですよね。入庫した時はスロットルボディが割る語りコンピューターが悪かったりしてこれは高額修理確定だな!って思ってたんですけど的外れでした。

お客さんにしてみたらうれしい誤算ですかね?

もちろん工賃は故障診断的な感じでかかりますよ。これでご飯を食べているので申し訳ないですがキッチリいただきます。

でもどうなんですか?コレ

重要な部品にリレー不良だけで電源が行かなくなってエンジンが吹けなくなるって危ないよね?耐久性の良い部品にしてもらいところです。

車を売るに際しては大手の車買取業者の方が良さそうに思われますが、正直申し上げて大手だから高値で買取してもらえるなんてことはないと言えます。

そういうわけで大手も混ぜて何社かの業者を比較することが要されます。

どんなに酷い状態の車でも、業者側からすればお金に見えたりするものです。

あなたが勝手に相場を決め付けるようなことは止めて、車買取相場を参照することからスタートした方が賢明です。

車の出張買取をお願いすれば、お金を掛けて車を持ち込まなくても出張買取業者が自分の家まで足を運んでくれます。

「買取を頼みたいと思っているけど大儀だ」とお思いの方は利用する価値はあります。

「不動車だから」というわけで廃車にするのはどうかと感じますので、できたら次回買うことになっている車のお金の足しにすることを目論みましょう。

車の下取り価格はそのまま次回買うことになっている車の資金として考えられるのです。

もし車を売り払いたいとお思いなら、売却のタイミングをキッチリと検討することが必要です。なるたけ高額で車を売ることが望める時期があるわけです。

全然距離を乗っていない車を所有しているのなら、できる限り近いうちにその車を売ることを検討した方が得策です。

そのままにしていても車の買取価格はひたすらダウンすることになります。
だけでは決まりません。